About us

勝ちたい人に価値を

DCI Gunsは2016年に設立のAirsoft(エアガン)用カスタムパーツメーカーです。

「勝ちたい人に価値を」提供することをスローガンに、サバイバルゲームやシューティング等で「勝ち」を狙える高機能なパーツの企画・開発・設計・製造・販売をおこなっています。
高精度なCNC切削技術を用いた製品はもちろんのこと、MJFやSLSといった最新の製法や、ガラスビーズ強化ナイロン等の最新の素材を取り入れて、これまでにない画期的なパーツを作り出してきました。

日本国内にて設計し、入念に試作を繰り返した上で商品をリリースしていますのでユーザー様には安心してパーツをご使用頂けます。
これからも柔軟な発想による設計開発並びにオーソドックスから最先端の製法を用い、「勝ちたい人に価値を」提供できるよう邁進してまいります。


HISTORY OF DCI

原点は3Dプリンター

サイクロンホルスター

DCI Gunsの製品は3Dプリントから始まりました。
3DプリンターはCNC切削では実現が難しい形状のオブジェクトを出力することができます。
また、切削や金型による複製に比べ、小ロットかつスピーディーに生産することが可能です。そのため、スモールビジネスや試作品の出力に向いています。
多岐にわたるお客様のニーズにお応えすべく、DCIは3Dプリンティング技術を積極的に用いています。


そして金属切削へ

メタルアウターバレル

3Dプリンティング技術がどんなに優れていても、不得意な分野が存在いたします。それが金属です。
エアソフトガンの世界においては、実銃の見た目、質感、エアガン自体の強度を得るために、金属部品が多く使われます。
我々DCIも、お客様のニーズにお応えすべく金属切削の技術を取り入れました。
その結果、DCI初の金属パーツである、ハンドガン向けのメタルアウターバレルをリリースいたしました。


DASへの取り組み

DAS専用FCUカバー

皆様はDASをご存じでしょうか。Dynamic Action System の略で、GBLS社が提供するエアガン(GDR15など)に組み込まれたシステムの総称です。
このDASを搭載したエアガン、通称DASは、実銃に限りなく近い電動ガンの一つです。そのため、海外では実銃のトレーニングにも用いられたりしています。
我々DCIはDASの持つ大いなるポテンシャルを実感しており、DAS向けのパーツ等の開発にも注力しています。